自分のリフォームイメージに合った会社を選ぼう

会社の種類とタイプ

専門業者・ホームセンター・ハウスメーカー

まず1つ目は、リフォーム専門の会社です。
ここは、名前の通りリフォームを専門に行っている会社で、内容は水回りの工事や、小規模のリフォームから大規模のリフォームなど、幅広いリフォームに対応してくれます。
会社は地元密着であることが多いのでそこも魅力です。
2つ目は、家電量販店やホームセンターです。
こちらは、リフォーム相談カウンターを設けているところがあります。
小規模工事が主流で、店内の商品の取り付け工事を主におこなっています。
金銭的にも抑えられるメリットがありますが、オプションや追加工事などには対応しにくいというデメリットもあります。
3つ目は、ハウスメーカーです。
子会社や、事業の一部で多くのハウスメーカーがリフォーム事業をしています。
基本は、新築をしてその後のフォロー対応や、メンテナンス対応が主流になっていますが、新規での依頼も受け付けてくれます。

建築家・ガス会社・住宅設備メーカーなど

4つ目は設計事務所や建築家です。
こちらの場合は、大規模工事を得意としています。
費用は、設計料や施工管理費がかかるので高くなります。
しかし、リフォームの際にデザインを重視したいという方にはおすすめです。
5つ目は、電気・ガス会社系です。
ガス会社などの販売系会社がリフォームをおこなっています。
ガスの配管や、給湯器など電気・ガス関係それぞれが得意分野になっています。
6つ目は、住宅設備メーカーです。
よく、CMでもみかける、リクシルやTOTOなどの設備メーカーです。
こちらは、工事店のネットワークを持っており、自社製品を取り扱うようになっています。
既に、設備リフォームで商品が決まっているという方にはおすすめになります。